博士の異常な鼎談 ひろゆき×水道橋博士×宮崎哲弥

Pocket

2ちゃんねるの管理人ということで、ひろゆき(西村 博之)という人の存在は知っていた。

2チャンネル自体、自分は利用しないし面白いとは思っていなかったので
ひろゆきという管理人にもとくに思うところはなかった。

ところが最近、ニコニコ生放送へよく露出している。
見るきっかけになったのは、ホリエモンとの対談生放送だった。

TVではできないような、だらだら感と普通の人とは違う感性
その生放送をみて頭の中がグルグルと回った。

この人面白い!

もちろん「ホリエモン」も面白いけれども、ぶっ飛び過ぎていて
共感しにくいところもあるけど、「ひろゆき」の発言については
なんだかよくわかる。

なんだか、私自身がやりたいと思っていることをやっている
人なんじゃないかと思った。

とりあえず、本屋に行って関連書籍をかって、読んだ。
やっぱり、面白い。

日本の人口くらいの収入がありながら、ニートにしか思えないのはなぜだろう。

そうしているうちに、水道橋博士と宮崎哲弥が司会をしている
TOKYO MXの「博士の異常な鼎談」にひろゆきが出演するという。

博士の異常な鼎談 ひろゆき×水道橋博士×宮崎哲弥 後編2/3

Yahoo!オークションで「mF247」という音楽配信サイトを落札した話。

「低空飛行」という言葉が自分の心にささった。

もともと、mF247がうまくいかなかったのもサーバ代が月1000万円と
莫大なコストがかかったから。

それを、500分の1の2万円に抑えたという。

まさに、価格での低空飛行。

自分もレンタルサーバ関連のしてるのでよくわかるのだけど
新しいサービスを立ち上げようとする会社さんは
サービスを始めればお客さんがつくと見込んで、
利用者数を何万人、何百万人と多く見積もって相談してくることが多い。

そして、収入よりもコストが多すぎて失敗する。
なるべくそういうときはスモールスタートでどうですかと提案するようにしている。
アクセスが増えてきたら、また考えましょうと。

サーバ代はピンキリだから、数千円から何百万円にも見積できるのだ。
現状にあったスペック、構成を提案する必要がある。

会員の中から何かが生まれるのには、母集団が必要だし、
母集団の中でのコミュニケーションが必要だ

何かが生まれるのはいつかはわからない。

会員数は積み上がりだから、何かが生まれる可能性が高まる。

低空飛行であれば長くつづけられるから、何かが生まれる可能性が高くなる。

そういうことだ。

低空飛行でいこう。

低空飛行から大気圏離脱ほどの大爆発が起こる可能性もあるのだ。

低空飛行が何本かあればさらに可能性は高くなるよね。

博士の異常な鼎談 ひろゆき×水道橋博士×宮崎哲弥 後編3/3

ひろゆきの判断基準は「面白いか、面白くないか」なんだな。
そのあたりが本質なんだろう。

ひろゆき関連の記事は「ひろゆき部屋」へどうぞ
残りの動画なども貼り付けてる。

mF247 Episode2 特別メッセージ 丸山茂雄×西村博之(ひろゆき)


僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
ひろゆき
¥777
(2009/05/29発売)

関連記事

    None Found

Pocket

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です