VMware Fusionの仮想マシン上でKVMなどの仮想環境をネストして利用する設定 (Nested Virtualization )

Pocket

VMware FusionではmacOS上で仮想マシンを動作させることができる。その仮想マシン上でさらにネストしてKVMなどの仮想環境を動かす(Nested Virtualization)には、仮想マシンの設定を変更して「Intel VT-x」という仮想化ハードウェア拡張を有効にする必要がある。

現在利用している仮想マシンでIntel VT-xが有効になっているかどうかはcpuinfovmxが含まれるかどうかで確認できる。

grep vmx /proc/cpuinfo

grepを実行しても何も表示されない場合は、Intel VT-xが有効になっていないということになる。

たとえば、virsh define実行時には次の様なエラーが発生した。

# virsh define ubuntu16.xml
error: Failed to define domain from ubuntu16.xml
error: invalid argument: could not find capabilities for arch=x86_64 domaintype=kvm

VMware Fusionの設定画面でIntel VT-xを有効にするには、仮想マシンをシャットダウンした状態で仮想マシンの「設定 -> プロセッサとメモリ」を開き。

「詳細オプション」にある「この仮想マシンでハイパーバイザー アプリケーションを有効にする」にチェックをつける。

この設定をした後、仮想マシンを起動して先ほどのgrepコマンドを実行すると、Intel VT-xが有効になっていることを確認できる。

grep vmx /proc/cpuinfo
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx pdpe1gb rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts nopl xtopology tsc_reliable nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq vmx ssse3 fma cx16 pcid sse4_1 sse4_2 x2apic movbe popcnt aes xsave avx f16c rdrand hypervisor lahf_lm epb tpr_shadow vnmi ept vpid fsgsbase smep dtherm ida arat 

VirtualBoxでもKVMの準仮想化機能などを利用する場合にはこの設定が必要となる。

VMware Fusionの設定ファイルであるvmxファイルにおいては、vhv.enableTRUE値を設定する行を追加すればよい。

vhv.enable = "TRUE"

Vagrantでvmware_fusionのproviderを使用している場合は、例えばVagrantfileに次の様に記述すれば、vagrant upでIntel VT-xを有効化した仮想マシンを起動することができるようになる。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "bento/ubuntu-16.04"
  config.vm.provider :vmware_fusion do |vmware|
    vmware.vmx["vhv.enable"] = "TRUE"
  end
end

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です