コマンドのRPMパッケージ名を調べる CentOS

Pocket

普通にインストールしたCentOSでは普通に使えていたコマンドが
CentOSで契約したVPSに入っていなくて使えないことがある。

自分の場合はdigやmailコマンドをよく使うのでないとちょと困る。

で、yumを使ってインストールしたいわけだけど

yum install dig
yum install mail

ではインストールできない。なぜなら、RPMのパッケージ名が違うからだ。

そこで今度はyum search digとかしてみるわけだけど
Digitalとかの単語が引っかかるだけで結局分からない。

そんなときはrpmのqfオプションでコマンドの実行ファイルの
パッケージ所属を調べればよい。

コマンドのパスはwhichなんかで調べる。

#which dig
/usr/bin/dig

#rpm -qf /usr/bin/dig
bind-utils-9.3.6-4.P1.el5_4.2

#yum install bind-utils

こんな感じでdigがBINDのユーティリティで
bind-utilsというパッケージ名であることが分かる。
パッケージ名が分かればyumでインストールできる。

mailコマンドも同様に調べてみる。

#which mail
/bin/mail

#rpm -qf /bin/mail
mailx-8.1.1-44.2.2

#yum install mailx

CentOSなのにyum自体が入っていないという
恐ろしい場合もある。

そのときは下記記事をご参考に
使えるねっとのVPSにyumをインストールする CentOSサーバ構築術 文具堂

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です