茂木健一郎×白洲信哉

Pocket

夕食をはさんで、本屋さんのはしごをした。

ジュンク堂と丸善だ。

平積みになっていた茂木健一郎さんの本と白洲信哉の本が
目につき、パラパラと見てからすぐに購入

良い本かどうかは大体パラパラめくればわかる。
いや、面白くない本かどうかがわかると言った方がよいだろうか。

この二人についてはyoutubeにあった動画や茂木さんのブログで知っていた。

なんだか不思議な友人関係だ。

ちょっとお互いに言いたい放題だけど、尊敬し有っていて気遣いがみられる。

茂木さんが結構兄貴肌なのがよくわかる

自分の中での理想の友人関係はマンガ「花の慶次」で描かれていた
慶次と直江兼継だったけれども、それに近いのかもしれない。


脳で旅する日本のクオリア
茂木 健一郎
¥1,575
(2009/07/07発売)

私にとっては白洲次郎、白洲正子、そして小林秀雄といった人たちは
あまり知らないのでよかったのかもしれない

帰りのカフェで「白洲スタイル」をよんだ

これはいい

これは格好いいよ

関連記事

    None Found

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です