金沢にて独立しました

Pocket

尾山神社

たまには個人的なことも書いてみる。

昨年の11月に独立したので、正確に言うと「独立してました。」だ。

サラリーマン時代の2006年からすでに個人事業を副業としてたけれども、2009年からようやく本格的に動き出して、なんとか軌道に乗ってきたので思い切って2011年の11月に独立することにした。

独立までに個人事業を6年弱、サラリーマンを丸7年やっていたことになる。
#思ったよりも長かったなぁ

独立するに当たって仙台で勤めていた会社を退職したわけだけれども、そのまま仙台ではなく出身地で実家がある金沢に戻ることにした。

なぜ、仙台にのこらず金沢に引っ越したのかを書いてみる。

環境を変えてみる

ずっと同じところで暮らしてると生活パターンが染みついてきて暮らしやすくなる利点もあれば、他の地域との違いが分からなくなってくる。

ようするに頭が固くなってくるということだ。

仙台では、大学入学で1996年4月に金沢から引っ越してから15年以上、過ごしていることになる。

人生の半分くらいだからもう頭が凝り固まっていて頭が働かなくなってるのではないかなという気持ちもあり
#自覚症状がないのがパターン化の怖いところだ・・・

もうここらで、仙台を離れてみるのもいいかなと。

それが自分にとって必要な経験だと考えていた。

震災は影響があるかと言われたら、あるとも言えるし、それほどない気もする。
立ち止まって考え直す機会にはなったとは思う。

時間が欲しい

先ほどの話からすると仙台以外ならどこでもいいわけなので、選択肢としては実家のある金沢か、お客さんのいる関東圏(東京、横浜)
を挙げてみた。

大阪とか京都とか海外もいいなとは思ったけど、ちょっと飛躍しすぎている。

引っ越すにあたって、基準としたのは、時間がいまよりも欲しいということだった。

仙台にいるときはサーバ管理を中心とした仕事をしていたけど、独立するに当たってはそれだけではなくプログラミング(システム開発)を主業務にすることを考えていた。

じっくり落ち着いてプログラミングをしたいし、冥想する時間も欲しい。
#1年前くらいからテーラワーダ仏教に伝わるヴィパッサナー冥想を実践している。

勉強会が沢山ある関東圏のほうがいろいろと情報が集まるけど、まずは今頭のなかにぼんやりとあるものを形にしてみたいという思いがあった。

あとは、静かなところのほうが落ち着いてプログラミングも冥想もできて過ごしやすいだろうということ。

実家があるので生活的なサポート(相互的な)も考えられるので、そうなると金沢ということになる。

考え方としては森 博嗣の「自由をつくる自在に生きる」が参考になる。

金沢に引っ越すことを決めてから後のことを考える

私には物事を行う前にメリット、デメリットや先のことを考えてしまう癖がある。

なので、引っ越すにあたって、あれこれとデメリットを考えて結局仙台に住むという選択肢を選んでしまう可能性があったので、それを排除するために、いつ引っ越すのかをまずきめてから他のことを考えるようにした。

試しに仙台から金沢へ引っ越すデメリットを挙げてみる。

【心理的デメリット】
・まず引っ越し面倒くさい
・高校までしか金沢に住んでないので意外と地理が分からない
・金沢にお客さんがいない、仙台のお客さんと疎遠になるかも
・家族が干渉してくるかも
・個人事業主の所在地変更とかどうするの?

【経済的デメリット】
・引っ越し資金がかかる (県外への引っ越し代、敷金・火災保険など)
・処分する家財の買い換え
・金沢だと車を買わなきゃいけかも (仙台で車を持っていたのはほぼ学生時代だけ)

こうしてデメリットを挙げていくと引っ越す考え自体が失せてきてしまう。

それでは、環境が変わらないのでダメなのだ。

そのため、今回は金沢へ引っ越すいう大きなことを決定してから、あとどうすればいいかを考えた。

そうすると、実は先に挙げたデメリットって考え方によってはメリットに変わったりする。

面倒くさい → 頭使って行動する必要があるので頭をフル回転できる
お金がかかる → その行動をするときにかかる大体の費用がわかるので次回の参考になる
地理が分からない → あたらしい地図が頭に入れられる
家族の干渉 → 家族のサポート

だから、デメリットにばかり目を向けるのではなく、時には大きくどう動く必要があるのかというのを考える必要がある。

実は最終的にはどこで暮らしてもいい

今回は金沢に引っ越したけども、あくまでも拠点の一つとするために引っ越した。

最終的には2拠点、3拠点程度をめどに作って一年のなかで行ったり来たりを繰り返そうと計画している。

なので、金沢には2、3年は暮らすことは決めたけど、あとはまた別なところに引っ越すことになると思う。
家族にもあらかじめそう伝えてある。

どこで暮らしても大丈夫なようにするのが目標だ。

ここじゃなきゃ暮らせないとかそういう状態にはしたくないということ。

それが一番生きていく力があるってことなんじゃなかなと。

引っ越してみて

実際に金沢へ引っ越してからもう4ヶ月も経つわけだけど、実際に引っ越してからの成果もでてきた。
#必ずしも引っ越ししたからとはいえないけど

まず、主業務がサーバ管理からプログラミングに移行した。
幸いにもPHPとRuby on Railsの案件をやり始めてから、小規模の受託開発ができるようになった。
#小規模か修正が主であまり大きものを受託するつもりはないが

iPhoneアプリしか作ったことはなかったけど、iPadにも対応した冥想タイマーをリリースできた。
※肝心の冥想はおもったほどできていないが。。。

Rails3で業務管理アプリを作りこんだりもしたりしている。

金沢では晴れの日がほとんどないとか、雪が思った以上に大変だということもあるけど、おおむね思っていたようなことはできている感触はある。
#気候は関係ないか。

今のところの課題は生活のコントロール。
より時間に自由が効くようにはなったけど、ちゃんとコントロールしないとすぐに学生みたいに昼夜逆転したりしそうになったりする。

そうなると諸々パフォーマンスが落ちてくる。

ちょっとずつ改善方法を考えてみることにしよう。

関連記事

Pocket

2 Comments

  1. お久しぶりです、おそばせながら独立されたのを今知りました、、
    まずはおめでとうございます!

  2. ご無沙汰しております。ありがとうございます!
    ようやくながら独立いたしました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です