ソフトバンクiPhone 4からSIMフリーiPhone 4Sでドコモへ契約変更してきた

Pocket

先日香港で購入してきたSIMフリーのiPhone 4Sで早速ソフトバンクからドコモへ契約変更してきた。

ソフトバンクで使用していたiPhone 4からドコモのiPhone 4Sへ移行するにあたって、iPhone 4で使用していたデータやアプリ設定などはできるだけ引き継ぎたい。

旅行記はこちら。
香港に2泊3日で行ってきた
香港でのプリペイドSIMカード購入についてはこちら。
香港でプリペイドSIMカード (iPhone 4S用)を購入してみた
香港でのiPhone 4S購入についてはこちら。
香港でiPhone 4Sを購入してきた (2012年6月)

iPhone+ドコモへ変更しようと思った動機

海外でも使えるSIMフリーの携帯としてiPhoneはいいなとは思っていて、いずれドコモの回線にしたいとは考えていた。

だけど、ドコモ回線の場合は下記のようなデメリットがあると思いこんでいた。

  • 音声通信込みでテザリングをすると回線代だけで1万くらいかかる
  • データ通信のであれば安くテザリングできるが、普通の携帯と2台持ちになる

普段、固定費用(月額費用)が増えることは気をつけていて、5000円以上も月額が上がるのはイヤだし、2台持ちをすると面倒くさがりなので使わなくなることが分かっているので却下。

ところが、次の記事を見つけてから、それが勘違いであることが分かった。

ドコモでiPhone4Sを使ってみた / ソフトバンクで使ってた自分が馬鹿に思えてくるレベル | ロケットニュース24

あれ? 音声通信可能でテザリングができてデータ通信定額で月額もそんなに高くない?

これ? 買いじゃない?

ということで、ドコモに変える問題点がなくなってしまったのである。

5万円台の端末代を支払うことは問題ないと思っていたし、ちょうど香港に行く予定があったので、ついでに香港版のSIMフリーiPhone 4Sを現地で購入することにしたのだ。

移行にかかる費用

まだ請求は来ていないが、先に契約の移行に当たってソフトバンクとドコモで発生する費用を算出してみた。

MNP転出手数料 2,100円 (ソフトバンク側)
iPhone 4 端末代割賦残金 9,600円 = 1,920×5 (ソフトバンク側)
契約事務手数料 (Xi クロッシィ) 3,150円 (ドコモ側)
合計: 14,850円 (税込み)

ソフトバンクの2年縛りの解約金が発生するかと思っていた。しかし、カスタマーサポートに電話してみると、iPhone 3GSを契約した2009年当時は2年縛りがなかったため今回は解約金は発生しないとのこと。

最近の契約はすべて2年縛りになっているそうで、更新月(契約期間満了の翌請求月)以外での解約は契約解除料(9,975円)が発生する。契約内容についてはMySoftbankやカスタマーサポート(ソフトバンク携帯から157)で事前に確認できる。

My SoftBankの画面での契約更新月の確認方法
「契約更新月」は、インターネットから確認できますか? | ソフトバンクモバイル

更新月についての図入り説明
SoftBank スマートフォン:ホワイトプラン | ソフトバンクモバイル

MNP転出の手続き方法
他社へ移転(MNP転出)する場合 | ソフトバンクモバイル

作業手順

今回行った契約を含めた作業手順は以下の通りだ。

  • iPhone 4Sのデータをリセットする
  • ソフトバンクにドコモへのMNP申請をする
  • iPhone 4からiPhone 4Sへデータを移行する
  • ドコモショップで契約をする
  • mopera Uの設定をする
  • テザリングを試す

iPhone 4Sのデータをリセットする

通販などで新しいiPhone 4Sを購入した人は関係ないのでこの手順は必要ない。

iPhone 4Sを香港で購入してから現地のSIMカードで端末を利用していたので、いろいろと設定が残っている。

この状態だと、現在使用しているiPhone 4からデータ復元ができないので、設定をすべてリセットする。

ちあみ、リセット前にiPhone 4Sで撮った写真をiPhotoへ移行しておいた。

「設定」->「一般」->「リセット」->「すべてのコンテンツと設定を消去」
を実行する。

しばらくすると端末がリセットされる。

ソフトバンクにドコモへのMNP申請をする

ソフトバンクへドコモへ移行する旨、MNPの申請をする。

MNP転出の手続き方法
他社へ移転(MNP転出)する場合 | ソフトバンクモバイル

ソフトバンクの窓口に行かなくても電話で申請できる。

ソフトバンクの携帯電話から*5333へ電話をしてドコモへ移行する旨を伝える。

本人確認や解約時にかかるる費用など諸注意を確認したら、MNP予約番号を教えてもらえる。口頭だけでなく、電話の最終にでもiPhoneにSMSが届くので、実際にはそちらをドコモショップで見せると良い。

念のため番号も紙にメモっておく。

ちなみに、予約番号は有効期限があり15日以内に移転先の携帯会社で手続きが必要とのこと。

iPhone 4からiPhone 4Sへデータを移行する

ここでは、今回私が行ったiTunesへのバックアップと復元を使用した方法を説明する。

この時点で必要な情報がそろったので、iPhone 4にデータ通信が届いてバックアップの状態との違いがでないように、機内モードに設定する。
#気にしなければ、ここまでする必要はないかもしれない。

現在の状態をiTunesへバックアップする。

iTunesへiPhone 4を接続し、同期を行うとバックアップが作成される。

iTunesでiPhoneを選択した状態で「概要」タブにあるバックアップ情報で、前回バックアップした時間が直前の時間になっていることを確認する。

リセットした新しいiPhone 4Sのセットアップを開始し、iTunesへ接続する方法でバックアップから復元する設定を選ぶ。
#残念ながらこの手順の写真を撮っていなかったけれど、そう難しくないと思う。

Wifiの設定などをしつつ、アプリなどのデータ移行が始まる。

復元が完了したら、両端末のデータが同じ状態ということになる。

次に、両端末の電源を落としiPhone 4からソフトバンクのSIMを抜きiPhone 4Sに刺して電源を投入する。

しばらくキャリアを検索するのに、一度圏外になったりと、時間がかかるかもしれない。

これで、キャリアが選択されて電波のところにSoftbankの文字が表示されたら、iPhone 4Sでソフトバンクの回線が使用できるようになっている。

確認のために、117へ電話をかけてみる。無事、時報を聞くことができた。


SIMフリーの携帯でソフトバンクのSIMを使用しても大丈夫だとは思うけど、詳しくは確認していない。この状態でしばらく使用してパケット代などで高額請求されたりするのが怖い場合は、ソフトバンクのSIMを刺さずにドコモショップへ直行すればよいと思う。

この状態でパケ死などの問題なければ、ソフトバンクの回線そのままで端末がiPhone 4からiPhone 4Sへアップグレードした状態になるので、しばらく使用しててもよいくらいだ。

今回はすぐにドコモの回線を契約することにする。

ドコモショップで契約をする

ドコモショップではiPhoneを扱ってないのでiPhoneのSIMカードを取り出すピンをおいてないかもしれないので、ピンを持っている場合は持って行くことをおすすめする。
実際に「ピンはお持ちですか?」と聞かれた。

近くのドコモショップへ行き、ソフトバンクからMNPで移行してSIMフリーのiPhoneを使用したいと伝える。

金沢市の中心部でもないドコモショップでもないけれど、聞いてみるとたまに同じような人がくるようで、店員さんが比較的慣れてて助かった。

あと、分からないことがあれば店員さんが本部らしきところに問い合わせをして聞いていたので、大体どこのショップでも大丈夫なんじゃないだろうか。

iPadに次の参考サイトを表示した状態で店員さんにXiの契約をしたいのですがと伝えた。

ドコモでiPhone4Sを使ってみた / ソフトバンクで使ってた自分が馬鹿に思えてくるレベル | ロケットニュース24

・iPhone4Sをドコモで使用する際の最適プラン
料金プラン: タイプXi にねん(基本料金780円 / 通話30秒21円)
割引プラン: Xiパケホーダイ フラット(基本料金5985円)
オプション1: moperaUスタンダードプラン(基本料金525円)
オプション2: iモード(基本料金315円)、iモード.net(基本料金210円)

タイプXi にねんはデータ通信だけではなく音声通話もできるプランだ。

これを機にキャリアメールは廃止してみようと言うことで、ドコモメール @docomo.ne.jpは使用しないため、iモード・iモード.netは契約しなかった。

あとは、もろもろ支払いの手続きをして契約完了。

手続き中にソフトバンクの回線が圏外になり、ドコモのSIMカードに書き込みして入れ替えて電話が使用可能となる。

確かに電波のところと「設定」->「キャリア」が”NTT DOCOMO”になっている。

mopera Uの設定をする

ネットにつなげるにはmoperaUのAPNの設定が必要だった。

といっても、APNの所に”mopera.net”と入力するだけだ。ユーザ名、パスワードは必要ない。

「設定」->「一般」->「ネットワーク」->「モバイルデータ通信ネットワーク」

通常のネット通信をする設定。

テザリングをする場合はインターネット共有にも同様の設定が必要となる。

最初はネットに繋がらなかったけれど、しばらくすると繋がるようになった。

foursquareでチェックインしてみて設定完了。

テザリングを試す

早速、近くのお店にはいってテザリングを試してみる。

iPadとMacBook Proで試す。

速度も十分。WiMAXとあまり変わらないんじゃないだろうか。

iPhoneでの回線速度の測定は次の通り、下りで2.3Mbps、上りで0.3Mbpsという結果が得られた。

金沢ではWiMAXのエリアも広がってきたけれど、まだ使用できないエリアが結構ある。

そう考えるとどこでも使用できるドコモのエリアで速度的に十分な回線が使用できるとなると、WiMAXを契約している意味が無いかもしれない。

ちょうど、WiMAXの年間契約が近くに切れるので、もうすこし使用して大丈夫なようであれば解約する予定だ。WiMAXが解約できれば携帯代がソフトバンク時代よりも高くなったとしてもペイする可能性がでてくる。

あとは、さすがにテザリングをしていると電池の消耗が早いのでエネループなどでサポートしながら電池残量をこれまでよりも気にしてあげる必要はありそうだ。

月額の費用はまだ請求が来てないので何とも言えないけど、それほど通話はしないし固定電話へは050 plusを使用しているので1万もいかないのではないかと考えている。

う〜ん、これはかなり使えるのではないだろうか。

参考にした記事

ドコモでiPhone4Sを使ってみた / ソフトバンクで使ってた自分が馬鹿に思えてくるレベル | ロケットニュース24

旅するガジェット:SIMロックなんて要らない?――海外旅行ついでにSIMフリーiPhone4Sを買うすすめ (1/3) – ITmedia ガジェット

香港関連記事

旅行記はこちら。
香港に2泊3日で行ってきた
香港でのプリペイドSIMカード購入についてはこちら。
香港でプリペイドSIMカード (iPhone 4S用)を購入してみた
香港でのiPhone 4S購入についてはこちら。
香港でiPhone 4Sを購入してきた 購入編 (その1)

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です