自分のバイブル

Pocket

9f428d90-s.jpg
5cf29c3b-s.jpg
本棚の一角には自分のバイブルだと思う本をならべている

自分の人生に大きく影響を与えた本

一生かけて実践していく本

さっきこの棚をアップデートした

最近読んだ本に感動してすぐに バイブルに入れたくなって並べてしまう

でもよくよく考えてみるとそんな影響もないかなとか この本があると格好よいかなとか
まだ自分のなかで消化できてないなとか

どうしてもお金関連が多いけど小説で唯一はいっているのは

司馬遼太郎の国盗り物語

前半が斎藤道三の話で
坊さん、浪人、油売りから大名までのしあがる話だ

男とはかくあるべしという

生き方の格好よさに憧れる

もちろんストーリーになっているので盛り上がる場面もあり心に残りやすい

道三までいかなくても心のなかに道三の心粋を持って生きると人生に張りがでるよね

関連記事

    None Found

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です